Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「ゼノブレイド」(Wii) プレイ感想…好奇心を存分に満たす、遊び心いっぱいのRPG

「ゼノブレイド」…名残惜しいですがクリアしました。

Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)

最終決戦手前で自然と100h遊んで、そこからクエストをこなしながら各フィールドを探索し直してプラス50h。
それでもクエストはまだまだ残ってましたが、Lv99でカンストしてしまったんで(キズナグラムも☆5になってしまった)、ラスボス戦を迎えました。

しかし、ラスボスが…、Lv99だと余裕で勝ててしまうのはかなり残念でした。ここだけは主人公レベルに合わせて調整しても良かったような…lv上げすぎた自分が悪いとはいえ。
やっぱりレベル差1~3程度のボス級とのバトルが未来視(ビジョン)もバンバン出るし、拮抗して面白かったですね。

エンディングもなかなか爽やかに締めてくれました。
あのAKBの子が出てたCMってけっこうなネタバレ具合だったんですね。世界が再構築されて?フィールドが広がったように見えたんで…、もっともっと遊びたいぞーと思いましたね。


良かった点はまず、とにかく広くて多彩なフィールドをただ漫然と歩かせるのではなく、「この先に何かある」と思わせる仕掛けを随所に用意して、ポイントポイントでプレイヤーに達成感を得られるようにしていた点ですね。

Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)
この先なにかあやしい→なにかが必ずあるんですよね、スゴイ。

ロケーションやランドマークを発見するたびに経験値などが手に入り、道中、討伐・素材収集クエストをこなしながら、それが達成すれば即時報酬(一部例外は除く)が得られるようにした点は、移動自体に楽しさを見出せるよう大きなアクセントとなっています(サプライズクエストも良かった)。

また序盤からlv差50overの敵もポコポコ出てくるし、ネームドモンスターと呼ばれるレアモンも要所要所いるんで、「いつか倒してやる」というモチベーションを上げてくれます。

エンカウントも8割方、こちらから攻撃をしかけなければ狭い道でも余裕にスルーできるし(触れててもOK)、逃走もさほど苦労もない点は、逆にこういうゲームにありがちなエンカウント地獄に慣れすぎてた自分にはちょっと衝撃でした。バトルが強制じゃなく任意で行えること、これってかなり重要な要因だと思います。


バトルはシームレス。通常攻撃はオートで実行してくれるので、その隙間をぬってアーツをぶつけていくという手数の多さに、攻撃までの微妙な待ち時間がなく快適さを重視してあって楽しいです。
敵からの致命的な一撃を受けそうな時に見える未来視(ビジョン)もどう切り抜けようかというスリルもあって飽きさせないよう工夫してあります。

Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)

ストーリー展開も、そこに絡む人間模様もまた丁寧に描いていて好感がもてます。
起承転・結(クライマックス)部分が紆余曲折あってけっこう長い(悪い意味でないよ)ので最後まで息切れせずよく作ったなあと妙に感動します。ラストフィールドもなかなか魅せてくれました。

これは個人的な極論ですが、1周目はサブクエストを削ってある程度、一本道でも良かったんじゃないかと思わせるくらい、本編ストーリーが面白かったです(正直、時限クエストがあるせいで、先に進みたくても進めないというもどかしさも味わいました)。
2周目、新規クエストを解禁とかね。…これはあくまで本編が良かった上でのイチャモンです(THE一本道RPGは逆に見習ってください)。

成長システムもいろんな要素を詰め込んでいて、「成長しすぎたかな」という一定のテンションダウンがラスト辺りまでなかった点も良かったです。唯一Lv上限が99までなのは、Lv110overの敵もいたんでちょっと残念でした。


次に悪かった点ですが、これはもう一番に、キズナグラム関係クエストの煩雑さですね。
とにかくNPCがどこにいるのか分かりにくい。キズナグラムMAPはあるけど、見た目重視すぎて使い物にならない。せめて!マークは常時表示するとか(けっこう近づかないと表示されない)配慮してほしかったです。
本編とは関係ないおまけだとしても、提供したものは細かい部分まで手を抜かず作りこむべきです。

あとは、バトル中の視点・視界が時々悪くなる(特に巨大な敵との交戦時)。アイテム管理画面が分かりにくい&所持数制限が厳しいものがある。メニュー開くとき微妙な間。物々交換が一回ずつ……、といったところですかね。

グラフィックは自然と気にならなくなりました(主にキャラのドUP…主人公が一番見た目キツイのはどうも)。
とにかくフィールドが多彩なのでよくここまで各フィールドを差別化して作りこんだと感心します。あと機神のデザインは敵ながらかっこいいので見惚れますね。

上記のように、全ての点で完璧だとは言えないんですが、全体的に良い点はかなり突出してますし、RPGの楽しさをこれでもかというくらい詰め込んだ大充実の作品だと思います。


個人的には「ゼノブレイド」をプレイしたいがためにwiiを買ったわけですが、大満足の1本でした。

Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)Xenoblade ゼノブレイド(特典なし)
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る


FC2 Blog Ranking

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

crossreview

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。