Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「テイルズ オブ グレイセスエフ」(PS3) プレイ感想②…バトル・成長要素は面白い。

あらすじNo.18まで進みました(約20h)。
お約束展開のロックガガンの体内から出たとこです。コショウって…、後付けすぎる。

バトルシステムがなかなか面白く、ある事情でレベル・スキル上げするため何度か足止めをくらってますが、全然飽きません。
称号が一キャラあたり100以上もあるんで、極め甲斐があるというか成長限界まで途方もないですが、2,3回の戦闘で何かしらの術技やパラメーターアップがあるんで、繰り返し戦闘もマンネリしませんね。

テイルズ オブ グレイセス エフ

先のある事情というのはトロフィーのためなんですが、周回プレイはたぶんしないので(時期的に新作ラッシュなんで)、できるだけとろうとがんばってます。

レベル・スキル上げが必要なトロフィーというのはあれです…ストーリー上の鍵となる(中)ボス戦1分撃破トロフィーです。

ビアス戦でこのトロフィーを何気にとってから、なんとなく気になってしまって、それからというものボス戦っぽいバトルは全て1分撃破を目指す始末になってしまいました。

一番きつかったのはセルディク戦なんですが、難易度シンプルにしてもかなりしんどくて…、なんとか勝ったと思ったら、このバトル、トロフィー関係なかったんですよね…(アホだ)。

周回プレイだと簡単だとは思いますが、これはこれで楽しんでます。高難易度変更による恩恵もなかなかあるんで、難易度イヴィル、ハードあたりが歯ごたえがあって面白いですね。


ストーリーについては国家間の戦争が今のところメインになっていて、ボス戦はあるもののストーリー上に明確な敵がいないので、かなり控えめな印象を受けます。

なにも大魔王的な存在を出せとはいいませんし、OPでネタバレになってるリチャードと今後敵対するのも分かるんですが、それまでの橋渡し的な悪役が目に見えていないというのは、かなり寂しい気がします。

確かにリチャードの叔父のセルディクはいますが、はじめて顔を見るのがボス戦のときだけなんですよね…。
このセルディクが騎士を指揮下において、いろいろと画策したり暗躍する演出があればいいんですが、一方的にリチャードの独白だけで話が進むんで、ストーリーに深みがありません。その他、魅力的な敵役もいないんで、ちょっとアスベルVSリチャードに最初から重点を置きすぎでバランスが悪いです。

あとやっぱりアニメシーンはとにかく演出が古いし作画が粗いしで、このレベルなら無い方がマシですね。追加シナリオにアニメシーンがあるのか分かりませんが、もう新作部分しか期待できないですね。

バトルは面白い。成長要素も面白い。アニメは絶望的。ストーリーはこれから面白くなるのか…。今はそんなとこです。

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

crossreview

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。