Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「The 3rd Birthday」(PSP) プレイ感想①…面白いけど画面効果が激しすぎ。

「The 3rd Birthday(ザ・サード・バースデイ)」を買いました。

P.Eは好きなシリーズだったんで、久しぶりの復活に感慨深いものがありますね。

まず、主人公のアヤブレア。一声聞いて「あれっ?」と思ったんですが、坂本真綾さんでした。ゲームの出来は残念でしたけど、昨年「FF13」の主人公、ライトニングの声もあててたんでちょっとびっくり。エアリスもだしスクエニ率が高いですよね。

それは置いといて、シナリオがあの「FF13」の人なんですね…。
またもやオートクリップみたいな設定資料を読まないと、ストーリーの大半を理解できないような自己満足話だとすれば、最初から期待しない方が無難ですね。


さて、ゲームシステムですが、ガンアクションRPGとして単純に面白いです。

アクションも小気味いいですし、機敏に動くにはモンハン持ちをしなければならないですけど、オーバーダイブという各所にいる兵士(時には一般人)の身体を渡りあるきながら、スピーディなアクションが楽しめます。

マトリックスのエージェントスミス気分といったところでしょうか。ダッシュに代わる移動のストレスを省いた斬新なバトルです。

難易度はEASYもありますが、それでも即死攻撃もあるんでなかなか歯ごたえあり。まだプレイ間もない時分のリーパーからの逃亡とか、ちょっと理不尽にも感じましたけど。


ムービーも相変わらず多めですけどクオリティは高いので、携帯機ではもったいないですね。

あと気になったのは、オーバーダイブ時のフラッシュ演出や画面いっぱいに広がる血しぶき。視野を狭くする表現などの画面効果が激しいので、体調が悪いときには注意です。だからこそのCERO・Dなんでしょうけど、携帯機にしてはちょっとやりすぎ。せめてコンフィグでカットできたり配慮してほしかったです。

まだChapter3ですが、DNAを強化したり銃器のカスタマイズなどの面白さやボロッボロになるコスチュームも単なるお色気要素ですが、バトルの激しさを物語っていてこだわりがあります。

ストーリー自体は短そうですけど、周回プレイも楽しそうなんで、(適度に目を休ませながら)プレイしていきたいと思います。

The 3rd BirthdayThe 3rd Birthday
(2010/12/22)
Sony PSP

商品詳細を見る


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

crossreview

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。