Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「The 3rd Birthday」(PSP) プレイ感想②…グラよし。バトルよし。ストーリーは…

「The 3rd Birthday(ザ・サードバースデイ)」初回EASYで8h程度でクリアしました。
予想以上に短かったですね。


ストーリーに関しては、わざと感動させないようにしているんでしょうか…。

過去・現在、時系列がねじれてしまうのは設定上しょうがないとはいえ、Chapter間のつながりや多すぎるくらいムービーはあるくせに肝心な部分をはしょってしまうセンスには唖然とします。

ラストの種明かしに重点を置きすぎなのも難点です


あと脇を固めるキャラクターも魅力的に描こうとしてるのは分かるんですが、バックボーンがまたもや設定資料でしか確認できなかったり、特にカイルに関してはどこまで知ってるんだという、ご都合主義も甚だしい。また前田も説明セリフを連れて唐突に登場するんで呆れます。

FF13に続きまたもや世界観やキャラクターを作った時点で満足して、各キャラクターの心の機微やストーリーの起承転結を無視した話でした。まあ、ストーリーは最初から期待してなかったんで案の定といったところですけど。


さて、ストーリーはさておき、PSPとしてはハイレベルのグラフィック。バトルシステムもオーバーダイブ移動が斬新で楽しめました。

システム面でもロード時間は全く気にならないですし、DNAボードの成長要素や銃器のカスタマイズ。また自分で持っていく銃器の他にダイブ先の攻撃手段もいろいろあって面白かったです。


難易度変更しながら周回プレイさせるには、ほどほどのボリュームなのかもしれませんが、個人的にはここまでにしときます。
これを機にシリーズとして続いてほしいですが、シナリオに関してはもっと優秀なライターはいないんでしょうかね。

関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

crossreview

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。