Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「ラストランカー」(PSP) プレイ感想…素材がいいだけに残念

「ラストランカー」クリアしました。約25h。


単純に目に見えてバトルランクを上げていくというのは、ストレートなアプローチですがわくわくしますね。

プレイ序盤はランク95,000から、クエストやランカー戦を通じて徐々にランクを上げていくことに面白さを感じますし、サブキャラも豊富で個性も強く世界観もわりと好みです。
後半の展開を考えるとヒロイン?のレンとの関係性はもう少し序盤から強くしてほしかった気もしますが。

しかしストーリーが進むにつれて、システム面での窮屈さが目立ってきて、こちらが思い描いていた自由度…、メインストーリーとは関係ないクエストや10万程度いるランカーとの対戦というサブ要素がほぼ皆無だということに、期待していた面白さとはかなり異なる一本道RPGだったので、そこはかなり残念に感じました。

正直ただのコマンドバトルということにも最初はがっかりしましたが、ATBといっても新鮮味がありませんし、ポケモンにも似た感触です。だからこそ、有象無象いるランカーと自由に戦って、1ランクでもいいからランキングを上げていく醍醐味を味わって見たかったですね。


あとランキング一桁の七騎士という存在がいて、ゆくゆくはこの強敵との白熱したバトルを想像するわけですが、歴史の新事実が明らかになり、七騎士とのバトル自体がグダグダのままやっつけ半分に終わってしまったので、かなりテンションが落ちました。
ストーリーを二重構造にするより、伏線はほどほどにして二部構成にした方がモチベーションも維持したままプレイできたように思います。ラスボスなんてほんと空気です。

素材はいいだけに、プレイヤーが求める完成品とは異なる方向性にいってしまった感じでしょうか。そこそこ面白いけど、窮屈にまとめすぎた印象です。

ラストランカー Best Price!ラストランカー Best Price!
(2011/04/14)
Sony PSP

商品詳細を見る


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

crossreview

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。