Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gamehabit.blog.fc2.com/tb.php/319-37e551a5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「ラグナロクオデッセイ」(PSVita) プレイ感想…欠点が多く目立ち、遊ぶには妥協が必要

「ラグナロクオデッセイ」プレイ中です(チャプター7まで。ソロプレイのみ)。

プレイ開始当初はロックオン精度のあまりのひどさに地雷かなと思いました。
ロックオンのやり方がLボタン長押し、解除も長押しの一択で瞬時に切替えができない点。ターゲット切替も近場に敵がいるのにも関わらず、はるか遠方の敵をロックオンしたりともうめちゃくちゃで、ロックオンにこだわると正直序盤でやめてしまう人もいるんじゃないかと思います。

次にカメラワークが近・中距離なので死角からの攻撃もザラ。ゲームシステム上、空中戦も多いため距離感がつかみにくい(ロックオンが使えないので尚更ひどい)。当たり判定もでたらめ。2~3匹のモンスターに囲まれてダウン(5秒程度)→ダウン中もダメージ追加。起き上がりざまに攻撃を受けてハメ殺しあり。各エリアが狭く、ボスの即死級の大技の回避がかなりシビア。ふっとばされて謎の透明壁に当たって追加ダメージという理不尽さ。気絶やマヒや毒、状態異常が凶悪なくせに、クエストに持っていけるアイテムが3種類のみという縛りもひどすぎです。

こう列挙すると正真正銘のクソゲーみたいですけど、ロックオンも一対一のときのみ。ちっちゃな虫に当たっていちいちダウンを喰らってしまうストレス仕様とクセのある空中戦の操作性にもなんとか慣れてくると、そこそこ続けて遊べるようにはなっています。

しかし同ジャンルのモンハンやゴットイーターがあるなかで、それをベースとして作ることはたやすい気もするんですが、なかなかシステムとして、プレイヤーに妥協を強いるきびしい仕上がりになってます。

協力プレイメインならざっくりした大味な無双バトルもけっこう楽しめるかもしれません。結局ソロプレイだとバランス面でシビアすぎて爽快感はなし。仲間NPCがいないのも新作にしては手抜きとしか言いようがありません。

一応グラフィックはきれいです。極彩色のポップな感じはきらいじゃないですし、モンスター種も個性的。その反面、キャラグラフィックや武器・衣装類のバリエーションが少なく画一的なのはマイナス。性能のよいカードが出ると嬉しいですが、リアルラック頼みなんで、運が悪いと苦戦必至です。

ひさびさのゲームアーツ作品でしたが、かなり残念な出来ですね…グランディア好きだったな…。


Vita『ラグナロク オデッセイ』(2/2 発売)Vita『ラグナロク オデッセイ』(2/2 発売)
(2012/02/02)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gamehabit.blog.fc2.com/tb.php/319-37e551a5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

crossreview

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。