Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「最後の約束の物語」(PSP) プレイ感想①…最後の1日をどう生き抜くか

「最後の約束の物語」を始めました。ひとまず06:00→10:00(第1章)まで。

イメエポjrpj第1弾ということですが、HUDや3Dキャラモデリングがなんとなく「ラストランカー」っぽい…LRのデザインセンスはきらいじゃないですけどね。

ストーリーは魔導国ユグドラに攻め込んできた機械兵団との最後の1日の攻防を描いていて、時間経過は任務(クエスト)をこなすことで過ぎていきます(任務合間のレベル上げetcは時間経過なし)。

任務によって救える市民数も細かく違ってきますし、時間経過によって消滅してしまう任務や展開も違ってくると思うので周回時の楽しみも出てきますね(周回するかは分かりませんけど…)。

バトルはオーソドックスなコマンドターン式ですが、敵対心を絡めて難易度高めの調整なので、強敵とのバトルはなかなかスリルあります。敵キャラクターもけっこう動きがあって好印象です。

最後の約束の物語 予約特典「ブックオブシークレット&ブラック★ロックシューター THE GAME プレビュービデオグラフ」付き
ボス戦はけっこう熱いんですが…。

しかしそれでもレベル差があるザコ戦のために、オートモード、コマンドリピート機能は標準でつけてほしかったですね。あとはオペレーターのカット、スキルエフェクトカットのコンフィグもあると痒いところに手が届いて良かったかなと思います。

ストーリー的に城塞都市を舞台にした防衛戦なので、フィールドのバリエーションについては地味ですが、けっこう広さもありますしセーブポイント間でワープもできるのでその点ではラク。エンカウントゲージもあるのでバトル突入までの予測がつくのもポイントです。

あと気になったのは、SP=魂の強さの概念で、バトルで戦闘不能になったり(戦闘不能時でも攻撃を受けると減少)、SP消費スキルを使用すると減少し、ゼロになってしまうとそのキャラクターは二度と復活できない点ですね。今のところはまだ気になりませんけど、WizやFEのように、ロストの危険性をはらんでいるあたりはプレイヤーに良い意味で適度なストレスを与えています。

序盤感想はこんなところですね。個人的にはそこそこ楽しんでプレイしています。これが「THE・JRPG」なのか現時点では分かりませんが、中盤からどうなるか見ものです。一応高難易度押しですが、EASYもあります。

最後の約束の物語(特典なし)最後の約束の物語(特典なし)
(2011/04/28)
Sony PSP

商品詳細を見る


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

crossreview

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。