Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「龍が如く OF THE END」(PS3) プレイ感想…バトルが大味。ロード時間も気になる。

「龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド)」を始めました。


「龍が如く」シリーズは今まで「4」と「見参」のみプレイしたことがあって、正直「4」の話が面白くなかったので印象よくはなかったんですが、ゾンビゲーと化した「龍が如く」には興味があり、つい買ってしまいました。

龍が如く OF THE END (通常パッケージ)特典「龍うた 龍が如く KARAOKE BEST SELECTION」付き

まずプレイを始めて気になったのはバトルが大味だなあということで、銃器メインなのでTPSのノリを期待しているとガッカリしますね。あくまでアクションアドベンチャー。荒削りなケンカアクションです。イベントバトル以外がエンカウント方式ではなくシームレスになっただけマシなのかもしれません。

ヘッドショット含めてオートエイムなのはシューター系のゲームに不馴れな自分には有難いことですけど、それでもオブジェクトを狙って撃つときの照準操作がなぜか左スティックなので、正直動かしにくいです。普通に右スティックでよかったのに、どうしてわざわざこうしたのか理解に苦しみます。


ゾンビとのバトルは操作性に多少難はありますが、わらわら沸いてくるゾンビの大群を弾数気にせず乱射できる部分は爽快感もあっていいと思います。
しかし狭い場所での戦闘ではプレイヤーを見失ってしまう視点が悪い部分があったり、ゾンビに取り囲まれてダウン状態がずっと続いたりとストレスが溜まることもあっていまいちです。大型モンスター(実験体)との戦闘もどこかで見たようなデザインや攻撃パターンなので目新しさはないですね。

神室町での膨大なサブゲームや施設に関しては、前シリーズのフォーマットをもってきてるだけなので、評価しにくいですね。当シリーズが初めての方は楽しめると思います。


あと全体的に気になったのがロード時間が微妙に長く、頻度も多い点です。
イベント間、各エリア間の切替時はある程度しょうがないとしても各店舗、施設の入出のたびにローディング。ミニゲームを1回やるごとにローディングが入るのでテンポをかなり崩してます。これは前シリーズでも感じた部分ですけど、今作は特に気になります。

大味なバトルアクションと割り切ってしまえばトンデモ世界観と相まって楽しめると思いますし、メインミッションとは別にフリールート中のサブストーリー(良い意味でバカバカしいものが多い)や素材を集めて装備を強化したり、もちろんプレイヤーレベルやスキル強化などのやりこみ要素も豊富なので、その面では満足できると思います。


追記:トロフィーコンプしました。
画像

難易度OF THE ENDモードクリア以外は全体的にトロフィーがとりやすかったですね。龍が如くシリーズとしてもゾンビゲーとしても中途半端で粗さも目立ちますけど、バンバン撃ってゾンビを倒しまくる単純な面白さはありました。郷田の章のおやっさんの扱いには嫌悪感を覚えましたけど、あくまでゾンビゲーですしシナリオに関しては無視します。

シリーズ集大成的なグランドフィナーレエンディングを見ると、これで「龍が如く」は終了みたいですけど(または桐生が最後)、システム面のマイナス要素(ロード時間、処理オチ、UIなど)を放置したままでインパクトだけ追求するようでは、ファンも離れますし潮時だとは思います。

龍が如く OF THE END (通常パッケージ)特典「龍うた 龍が如く KARAOKE BEST SELECTION」付き龍が如く OF THE END (通常パッケージ)特典「龍うた 龍が如く KARAOKE BEST SELECTION」付き
(2011/06/09)
PlayStation 3

商品詳細を見る


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

crossreview

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。