Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「ゼルダの伝説 時のオカリナ3D」(3DS) プレイ感想…古典リメイクとしては及第点

「ゼルダの伝説 時のオカリナ3D」クリアしました(25h)。 

N64オリジナル以来(友人に本体ごと借りて遊んだ記憶が…)のプレイなので、約13年ぶり、ストーリーのアウトラインはなんとなく覚えていたものの謎解き部分はぽっかり抜け落ちてたんで、初心にかえってなかなか楽しめました。

正直プレイ序盤から「剣どこですか?」と悩んでしまったものの、3DS版新要素のシーカーストーン(ヒント映像が見れる)があるので謎解き部分で詰まることはないと思います。これに頼りすぎても面白味半減だと思いますけど、当然強制ではないんで、程よく活用すればいいかと。

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D
シーカーストーンが便利すぎてナビの出番が…

リメイクとしては上記のシーカーストーンやクリア後に「裏」を追加。グラフィックや演出も3D前提によく練られていて、ゲームバランスも細かく調整してるとは思います。


しかし城下町などのモブキャラが無機質な人形劇を見てるようで残念に感じましたし、おまけ要素に思えるミニゲームでダンジョン攻略に必要なアイテムが手に入ったりと、今ではあれっ?と思う部分もしばしばありましたね。
本編とヤリコミ要素として存在するミニゲームが独立した現在の同ジャンルゲームとは、やはり噛み合わない部分もあります。

あとアクションゲームとタッチペンとの使い分けはやはりめんどくさいだけで、十字キーが未使用なのでアイテム割り振りに当てればまだやりやすかったと思います。
本体を動かすことによって周囲を見渡すことができるジャイロセンサーも真正面から固定して見なければならない3D映像とは全くマッチしませんし、いまいちです。

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D
ボス戦はシンプルですが、よく練られてます。

当ソフトのリメイクが外注なため、改良・変更部分はこれが限界だったのかもしれませんが、もはや古典である「時のオカリナ」本来の面白さを損なうことなく、ある意味そのまま携帯機に表現できた点は評価できると思います。

なによりリンクがテクテク歩き、ザクザク草やモンスターを斬る感覚が好感触でシンプルな良さが伝わります。

ゼルダの伝説 時のオカリナ 3Dゼルダの伝説 時のオカリナ 3D
(2011/06/16)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る


関連記事

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

crossreview

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。